合宿で中型二輪

車の免許にもあるように、中型二輪にも合宿免許があります。合宿免許では、通学免許と違って短期間で費用をかけずに免許を取ることができるため、効率的に中型二輪を取りたい方に人気があります。

しかし気になるのは期間ですが、中型二輪の場合、最短9日間で免許取得が可能です。学ぶ内容は通学型と変わりませんが、スケジュールがあらかじめ決められているため、効率よく単位を取得できるのです。

中型二輪

費用も安く、教習所に通う場合では15万円程度かかる費用が、合宿免許では8万円ほどで済みます。宿泊先での食費も込みでの値段なので、通学免許に比べるとかなりお得ではあります。

短期間で、安く中型二輪を取りたい方には、合宿免許はおすすめのシステムです。

またもう一つ、効率的な免許取得の方法があります。ダイレクト受験といわれるものです。一発試験、飛び入りなどともいわれますが、このやり方は、教習所に通わず運転免許試験場の試験一回で免許を取得するという方法です。

ただし、ダイレクト受験の場合、教習所での卒業検定を受けていないため、運転技術を見られる技能試験があります。バイクの基本的な操作法から、交通法規にのっとった運転まで、教習所で学ぶことを身につけていることが前提とされるため、よほど技術に自信がある方以外はやめたほうが無難でしょう。ダイレクト受験を選ぶのは、以前中型二輪の免許を持っていて、何らかの事情で失効した方が大半です。

中型二輪を取る

中型二輪の正式名称は、普通自動二輪といいます。この免許を取得すれば、400CC以上のバイクに乗ることができます。125CC以上の排気量のバイクであれば、高速を走ることもできるので、バイク免許を初めて取るという方にもおすすめの免許です。

免許証

免許取得のための技術は、教習所で学ぶことができますが、教習所に入学するためには年齢が16歳以上、視力が0.7以上といった条件を満たしていなくてはいけません。(視力は、メガネやコンタクトを使用した矯正視力でもかまいません)。

教習所では、交通ルールなどの学科教習を26単位取らなくてはいけませんが、普通自動車運転免許、普通小型自動二輪の免許保持者は免除されます

運転技術のカリキュラムは、課題走行と法規走行の二段階に分かれています。課題走行ではバイクの起こし方やエンジンのかけ方、坂道発進やスラロームといった基本的なバイクの操作方法を学びます。その後、交通法にのっとった走行の仕方を学び、卒業検定に臨むことになります。

中型二輪にはAT車とMT車のそれぞれがあり、AT車限定の免許では、クラッチ操作のあるMT車に乗ることはできません。入学時に、どちらのバイクに乗りたいのか考えておく必要があります。ちなみに、免許取得のためにかかる費用は、AT車15万円、MT車16万円と相場はそれほど変わりません。

中型二輪免許とは

バイクには、車とは違った爽快感があります。特に気候のよい春や秋には、車に乗っていては感じられない自然の風や美しい景色を体感することができます。さっそうとツーリングするバイカーの姿に、憧れを抱く方も少なくないはずです。

そんな方にまずおすすめなのが、中型二輪の免許です。正式には普通自動二輪といいますが、これを持っていれば、400CC以上の排気量のバイクに乗ることができます。高速道路を走ることもでき、一般的なツーリングには、この免許で困ることはないでしょう。

中型二輪免許を取得できるのは、16歳以上で視力が0.7以上の方です。その条件をクリアしていれば、教習所に通って交通ルールと運転技術を学ぶことができます。費用は15万円程度ですが、普通自動車運転免許などを持っている人は、学科教習が免除されるため、約8万円とやや安くなります。

しかしもっと効率的に、安価で中型二輪の運転免許を取りたい方には、合宿免許がおすすめです。合宿免許は、教習所指定の宿に泊まってカリキュラムをこなす方法で、最短では9日間で免許取得が可能です。

費用も安く、車の免許を持っていない方の場合では、8万円程度で教習を受けることができます。この費用には合宿中の食費、宿までの交通費も含まれていることが
一般的なため、通学で免許を取るより、経済面での負担は少なくなります。

このサイトでは、中型二輪免許を効率的に取るために、免許取得の仕組みから、合宿免許についてまで、わかりやすくご紹介しています。